安全なレーシック

注射の針

レーシックは一つじゃない

レーシックとは角膜をレーザーで薄く削って屈曲率を変えることで、近視などの症状を改善する手術です。東京にはこの手術を行っている医院が多数あります。 一口にレーシックと言ってもやり方は様々あり、レーザーで削る前にフラップを作る方式と作らない方式、フラップを作るとしても、作る機械や方法が異なっている、などと分かれており、それぞれ特徴があります。 例えばフラップを作ると時としてドライアイになることがありますが、フラップを作らないやり方ではドライアイを防止できます。反面、費用が高くなる、新しいやり方なので行っている医院が限られる、などのデメリットがあるのです。 東京でレーシックを行う医院を決める場合、自分のやりたい方法でやっているかどうか、どの程度の臨床例があるのか、事前に確認してみましょう。

どこで受けるのか決めるポイントは

東京はレーシックを行っている医院が数多くあり、またそのレーシックの種類も様々な方法を扱っているので、医院選びには事欠かないでしょう。ただし、逆にそれで迷ってしまう、ということもあります。 レーシックには様々な種類があると言いましたが、それぞれメリットとデメリットがあります。手術を受ける場合には、まずその点を確認し、自分が受けたい方法を決めましょう。そして、できれば同じ方法の臨床例を豊富に持っている医院がいいでしょう。 また、レーシックの場合、恐いのは感染症です。滅菌などの対策はきちんとできているか、過去に感染症が出ていないか、その辺りのチェックも忘れないようにしましょう。 それから手術にばかり気を取られて忘れがちなのが、その後のケアです。レーシックの場合、手術後に定期点検を受ける必要があります。東京と言っても場所はいろいろ、通いやすい所にあるかどうかも大きなポイントです。 納得のいくレーシックで、コンタクトいらずの快適な生活を取り戻しましょう。